広島市安佐南区 Y様邸

CONTENTS

考え抜いたリノベーション 3世代が暮らせる家広島市安佐南区 Y様邸
ダイニングbefore
戸建てリノベーション

中古の戸建を手に入れた時、やりたいことがいっぱい頭に浮かんだ。
リビング階段や効率的な家事動線、カーテンいらずの窓に、珪藻土、収納など…それら全てを取り入れた。
Yさん夫妻の将来を見据えたリノベーション住宅は、子どもたちとお母さまへの愛情を感じる。
それでいてオシャレな住まいがここに誕生した。

ROOM PLAN

before図面
DATA 物件購入価格1,550万円 リノベーション費用1,000万円
種類
戸建て
築年数
30年
施工面積
90㎡(27.23坪)
間取り変更
5LDK→4SLDK
施工箇所
全面
工事期間
2ヶ月
家族構成
夫婦+子ども2人
施工
ロハススタジオ大町

お気に入りのキッチン

子どもの様子を見ながら家事ができるカウンターキッチン。
明かり取りの窓は、生活感を抑えるためカーテンをしなくていい大きさと配置にした。

photo

貸マンションに暮らしていたYさん一家は、「そろそろマイホームを」ということで物件探しをスタート。条件は広島市安佐南区の平地で、アストラムラインかJRの駅まで徒歩圏内のエリアであること。約1年半かけて新築、中古を問わず戸建やマンションを見て回わり、希望の物件をついに見つけた。
Yさんがマエダハウジング主催の勉強会に参加したのが同社との出会い。勉強会の内容は、中古物件を購入してリノベーション、というもの。まさしくこの家のとおりである。施工会社を最終決定するまで、他にも何社か相談していたのだが、2人目のお子さんの出産と重なり計画は一時中断。「子どもが産まれて唯一気にかけてくれたのがマエダハウジングさんでした。もうこれが決め手です」と振り返る。
本格的に始動したプランニング。たくさんの資料を持ち寄り、打ち合わせを重ねた。「リビング階段に憧れていたけど、階段部分が吹き抜けになるということは光熱費が上がるかもしれない。かといってドアだと狭く感じる。だからリビング階段の間仕切りにはガラスの引き戸を付けたかった」という奥さまの希望を叶えるには、まずスケルトンの状態にしてからの改修が必要だった。大幅な間取り変更で柱を抜いた箇所があったため、構造のみになった建物に耐震補強を。また、線路沿いという立地のため防音対策も入念に施した。工夫が随所に見られる内装は、同居予定であるご主人のお母さまが1階だけで生活できるようにと配慮し、自らのライフスタイルを見事に反映したプランを生み出した。

「難しい注文も全て叶えてくれました。マエダハウジングパワーです。今は思い描いたとおりに生活しています」というYさん。妥協のないリノベーションで手に入れた新生活は、華やかに幕を開けた。

photo
photo

レシピを見ながら料理ができるようにとパソコンスペースを設置。左角の曲線の壁が空間の柔らかさを演出している。

photo

ガラス扉を介して部屋全体に明るい光が降り注ぐリビング階段。この家の特徴の一つ

photo

リビングの隣になる子どもたちの遊び場。将来はご主人のお母さまの部屋となる

photo

耐震壁を入れた 主寝室。今後、耐震壁の位置で間仕切り、子ども部屋を造る予定

緻密に計算された導線と珪藻土の特徴を多用した住まい

何度もシュミレーションした動線と、日中は照明を使わず生活できる明かり取りの工夫はこの家の特徴とも言える。そして、ご主人が手塗りした各部屋の珪藻土は、その能力を存分に発揮している。 何度もシュミレーションした動線と、日中は照明を使わず生活できる明かり取りの工夫はこの家の特徴とも言える。そして、ご主人が手塗りした各部屋の珪藻土は、その能力を存分に発揮している。
photo

除湿、脱臭効果のある珪藻土を塗ったトイレ。匂いが気にならない

photo

トイレと同じく珪藻土を採用。湿気がこもらず清々しい空間である

photo photo
photo

最初の計画では小さめだったのを、ご主人たっての希望で広めのお風呂に変更した

photo

いつでも使えるように洗面台はあえて脱衣所の外に配置。帰ってすぐ手洗い、うがいができる

photo

虫が苦手な奥さま希望の室内干し専用の洗濯干し室。こちらにも珪藻土を使用

photo

LDKの角の裏側に位置する。脱衣所と洗濯干し室とキッチンの移動がよりスムーズに

外観はそのままに

予算上、外観はほぼ変えていないが、道路面の窓は外からの視界を制限するため幅の狭い格子を選んだ

造作収納は棚が可動式。「女子は靴が増える」と先読みした容量に

収納のおかげですっきりとした玄関ホール。来客時も慌てない

MONEY PLAN

photo
救いの言葉でがんばれたプランづくり

初めは2階リビングにして増築をするプランだったけど、うまくいかず一度白紙に戻しました。自分で図面を書いたり、3Dのソフトを使ってイメージを伝えたり、打ち合わせのために徹夜で資料を集めたり、色々と努力しました。それでも問題があって落ち込んでいた時、担当の濱本さんが「納得いくまでやりましょうよ」と言ってくれて救われました。今はそんな家に暮らせて大満足です。ありがとうございました。

photo
photo
photo

Copyright © 2015 マエダハウジング All Rights Reserved.