安芸郡府中町 O様邸

CONTENTS

床塗装、壁塗り、設備調達まで積極的にリフォームに関わり“誰もが暮らしやすい家”を実現 安芸郡府中町 K様邸
キッチンbefore
リノベーション

ROOM PLAN

before after図面
DATA リノベーション費用1300万円
種類
戸建て
築年数
43年
施工面積
103.96㎡(31.4坪)
施工箇所
1.2階全面、外装、外構
工事期間
2.5ヶ月
家族構成
夫婦+子ども2人
施工
マエダハウジング府中店
外観
photo
家族が力を合わせて壁と床を塗った子ども部屋

今は娘さんが小さいためプレイルームとして使っているが、将来的には中央で仕切れるようにドアを2つ設けた子ども部屋。
珪藻土壁やパイン無垢材を貼った床のクリア塗装も家族で行った。
窓からは広島市内を見下ろせる。

子ども部屋before

間仕切り壁を抜いて 和室とつながりを持たせた 圧迫感のないリビング。
利便性や教育環境の良さを考え、府中町エリアで土地付き一戸建ての中古物件を2年がかりで見つけたOさん。
リフォーム前提で購入したものの、築43年と古く、設備はもちろん耐震面への不安もあった。ご主人は自然素材への興味があり、家族の手で珪藻土壁を塗るなどして自分たちらしいリフォームができるだろうと、マエダハウジングに依頼。

photo

システムキッチンはパナソニックのリビングステーションSクラス。表面が木目調でこの空間になじんでいる。

photo

引き戸の中はキッチン収納。下部分は分別ゴミ箱が収まるように設計。反対側は玄関収納になっている。

税制面の優遇措置や補助金、住宅エコポイントといったこともしっかり相談し、限られた予算の中でどれだけ要望を実現できるかが気がかりだった奥さま。
「できることは自分で」と、珪藻土壁塗りは両親を含めた家族全員で行い、浴室とキッチン以外の住宅設備は自らネットを駆使してできるだけ安く手に入れることに。
気に入った洗面化粧台は、販売が終わっていたものの、奥さまが交渉し、何とか安く売ってもらうことができたという。

珪藻土塗り体験
明るい玄関スペース
和室

持っていた洋服ダンスが入る寸法に合せて壁を開けた和室。電動で畳がゆっくり上へ開くと収納スペースが現れる

photo

プランニングでは、仕切りの多い間取りの解消や、収納を多く確保したいといった要望を反映。
それ以上に、「将来、子どもが住むか、売却して他の人が住むか分かりませんが、誰が住んでも暮らしやすいように」と、耐震性や断熱面にもしっかり配慮した。特に耐震性については、新耐震基準前に建てられた家で、耐震補強対策は必須。筋交いをしっかり入れ、2倍筋交い金物や火打ち金物などを使って強固な躯体にした。
内装は、化学物質を含まない無添加の珪藻土壁や無垢材など安全安心な自然素材を多用。収納については、どこに何を収めるかを書き出してから確保していった。

遊びに来た子どもたちの「ここは床が気持ちいいね」という言葉に、奥さまは大きな喜びを感じたという。「子どももうれしそうだし、主人も心からくつろいでいる様子。みんなにゆとりが出たような気がします」と奥さま。限られた予算の中で折り合いをつけ、自分でできることをしてコストダウンを図り、快適に安心して暮らせる家を手に入れたOさんに見習うことは大きそうだ。

photo
施主支給
photo
リノベーションを終えて

家が好きで、自分で手を加えたいタイプの私でも、生活をしたことのない家をリフォームすることの難しさや不安はありました。でも、担当者の「要望はどんどん言ってください」という言葉はとても嬉しかったですね。
他社と相見積もりをした後、「このくらいの予算で何とかなりませんか?」という相談に精いっぱい応えていただき、感謝しています。
プランニングの段階では私が妊娠中にもかかわらず、ショールームを回ったりネットで住宅設備を手配するなどしていたため、主人は心配だったようですが、おかげさまで無事乗り切ることができました。

photo
photo
photo

Copyright © 2015 マエダハウジング All Rights Reserved.