リノベーションの流れ

まずは想いの整理をしよう
環境への希望
家への希望
将来への希望
リフォーム会社の情報を集める

物件探しと同時に、リノベーションを依頼する会社探しをしよう。
ホームページで施工実例を見てすきなテイストかどうか、スタッフや店舗、施工実績についても調べてみよう。
中古物件の購入を前提としたリノベーションの施工実績があると、話がスムーズに運びやすい。

リノベーション
リフォーム会社に問合わせる

依頼したいと思う会社が決まったら、その会社に連絡して桜蘭男相談をしてみよう。
会社選びの基準はいくつかあるが、
「自分たちが描いている暮らしを実現してくれるかどうか」「言いにくいことでも言えるか」等
スタッフとの相性などを見極めたうえで、自分たちに合った会社を選ぼう。

リノベーション
リフォーム会社に見積もりを依頼する

選んだ業者に実際に現地を見てもらい、正式な見積もりを出してもらおう。物件が空き家なら、リフォーム会社に同行してもらい、不動産会社に案内してもらうのがおすすめ。入居中の場合は細かい採寸までできないかもしれないが、できるだけ物件を見せてもらうようにしよう。
リノベーションを急がない場合は、決済が終わって入居者が退去した後でゆっくりと現地を見てプランニングしてもOK。現住所の家賃と新住所の返済をダブルで払わないといけない期間が長くなるのがイヤだという人は、早めにプランニングを進めた方が良いだろう。

リフォーム会社決定

買付申込書を出すタイミングで、リフォーム会社を決定しよう。概算見積もりやラフプランから気に入ったリノベーション業者を選択するべし。
この段階は正式に契約を交わすわけではないが、ホームインスペクション(住宅診断)を含めて物件チェックをしてもらい、具体的な打ち合わせへと移っていこう。

リノベーション
プランの詳細打ち合わせ

事前審査で提出したリノベーションプランの概算見積もりから、さらに一つひとつ設備や建材、間取り、造作家具などの内容を詰めていこう。
購入申し込みを出してから契約するまでは、あまり時間がないため、素早くプランを出してもらうようにお願いしよう。

リノベーション
リノベーション詳細見積もり

設備や建材が確定したら、改めて詳細な見積もりを出してもらおう。
予算の調整が必要な場合はこのタイミングで行おう。
リノベーション費用もローンに含めたい場合は、
ほぼ確定した見積書を提出する必要があるので、早めに工事費を確定しておこう。

リノベーション
リフォーム会社の情報を集める

不動産の売買契約が終わり、プランや見積もりが確定したら、リフォーム会社と工事請負契約をかわそう。一般的な契約に添付される書類は、工事請負契約書、請負契約約款、設計図面、見積書、工程表など。
工事規模の大小によって、図面や書類の添付内容は変わってくる。

リノベーション

マンションの場合、居室が専有部分だからといってどんな工事でもできるわけではない。まずは、事前にマンションの管理組合に書類を提出し、理事長や管理組合の承認を得る必要がある。
その際に、工事をしてはいけない曜日や時間帯などの確認も必要だ。どこまで制限されているかは、個々のマンションの管理規約によって異なる。リノベーションを検討する際は、まず管理規約を確認し、業者に伝えることが大切だ。

工事開始

着工時にはリノベーション業者が近所への挨拶をするが、
できれば一緒に挨拶をしよう。
工事中は可能ならば確認がてら現場を訪問することがおすすめ。
打ち合わせ通りになっているかの確認や、どこまで工事が進んでいるかを
確かめられる楽しみもある。

リノベーション
完成入居!完成入居!

Copyright © 2015 マエダハウジング All Rights Reserved.